カラオケで高得点を取る方法

皆さん、カラオケは好きですか?


最近では、テレビのゴールデン番組に多く使われたり、世界大会までも行われるカラオケは、日本が誇るべき文化ですよね。


皆さんも、カラオケに行く機会がたくさんあると思います。

お友達とだったり、会社の2次会、今では、SNSでの歌共有もたくさん行われていますね。


そんな中、生徒さんからよく聞くお話が

「採点を始められると、歌いにくいんです」

「高得点をとれるようになりたいです」


ボイストレーナーとして正直に思うことは、得点が全てではないし、採点をする機会に、その人の本当に魅力はわからないと思う。


だからこそ、本心では、


「カラオケは、自分が気持ちよく歌うのが一番だよ!」


こう言いたい。


でも、私自身、音楽大学の受験やコンクール、試験やオーデションをたくさん経験してきて、“点数”という形で判断しなければいけない時もあることは痛いほどわかります。


ということで今日は、カラオケで高得点をねらう方法を、ボイストレーナーの目線から解説してみたいと思います!





得点を決める項目は、機種によって多少の違いはありますが、概ね以下の5つになります。


■音程

■安定性

■リズム

■ビブラート&ロングトーン

■表現力



それでは、一つ一つ高得点に常がる秘策をお伝えしていきますね!


◆音程◆

採点の項目の中でも、機械が最も正確に判定できるのが音程です。

この音程の正解率が90パーセントを超えると高得点が出やすくなると言われている為、その為には、自分が音程を正確に歌える曲を選ぶことが最も大切です


音程がとりやすい曲の特徴とはこちら!

・自分の音域にあった曲

・言葉の数が少ない曲

・音の跳躍が少ない曲


まずは、自分の音域を知り、その中で無理なく歌えることがマスト。

そして、言葉の数が多い曲は音程の変化も激しくなるため、正確に歌うのは難しくなります。歌詞を見て、言葉が少ない物を選び、メロディーもシンプルなものを選ぶことをお勧めします。


自分の音程があっているのかわからない!


こんな方にオススメな練習方法は、まずカラオケ伴奏のボリュームを小さくします。そして、マイク音量と、ガイドメロディーの音量を大きくして、歌ってみましょう。

カラオケボックスなど、大きな音を小さな空間で聞く状況では、自分の歌声がしっかり聞こえないまま歌っている方が多くいます。まずは、自分の出している声をしっかり聴くことから始めましょう!



◆安定性◆

これは全体を通して、安定しているか?というわけではなく、声の震えに反応しているようです。特に長く伸ばす音の時に判定されやすい傾向にある為、後にも書く、ロングトーンの強化練習をしておくと良いでしょう♪