• MARI

自分らしく演奏できている?

先日のレッスンでの一コマ。

「もっと、あなたらしく歌ってみて!」


今までクラシックの声楽をしていたこの方は、

他のジャンルの曲も歌ってみたいということで

ミュージカル曲に挑戦していましたが

私のこの提案に、困ってしまいました。


「自分らしくって?・・・」

幼い頃から、ピアノや声楽を鍛錬してきたこの方は

とても真面目で練習もしっかりしてきます。

原曲を聞きこんで”より正確に”ということにいつも気を配っています。

ただ、その結果、「自分らしさ」を出せずにいたのです。

どうしたら自分らしく歌えるのだろう?

歌には、他の楽器にはない、「言葉」がありますね。

そして、この言葉を作り出した「心」があります。

この心を伝える手段として、メロディ-、リズム、音色があります。


正確な音程やリズムの中で、自分らしさを表現していく方法は

この「言葉(心)」を自分の中に落とし込むことがとても大切だと

私は考えています。


すると

なぜその音色なのか

なぜそのブレスなのか。

なぜその子音のスピードなのか。

なぜその強弱なのか。

これが、自分らしく表現するポイントになります。



誰かが作って、

誰かが演奏している曲を歌うとき、

原曲通りに正確に歌って終わりにしていませんか?

そこからが歌の楽しいところ。

あなたの曲にして良いのです。

だって、芸術は自由なのですから♪


4回の閲覧
  • さえずり
  • YouTubeの
  • Instagram

© 2020  Litty