• MARI

自宅で出来るトレーニング☆リップロールはなんでやるの?

最終更新: 6月26日

自粛生活中、ライブハウスやスタジオ、カラオケボックスまでも閉鎖され

思うように練習ができない日々が続いていませんか?


今日は、自宅で出来るトレーニングについて書きたいと思います。


大きな声を出さずに歌のトレーニングが出来る最高の練習方法は

やはり王道のリップバブル(リップロール)です。


口を閉じた状態から息を流し、唇をブルブルブルを振動させながら声を出すトレーイングですね。


もう知ってるよ~!またそれ~!という声も多いと思いますが

このトレーニングの目的を正しく理解して、効果的にトレーニングできている方は

実は少ないのではないでしょうか?


私が考えるリップバブルの目的は3つあります♪


①表情筋のコントロール

→リップバブルが苦手な人の多くは、表情筋が固く、唇を上手に振動させ続けられません。

 特に唇周り(オトガイ筋や口輪筋)をコントロールする意識が必要になります。


②呼気圧のコントロール

→リップバブルは通常声帯にかかる息の圧力(呼気圧)を唇で補助をするトレーニングです。

特に高音域になると叫んでしまう人、または喉が閉まってしまう人にとって、リップバブルで呼気圧を補佐しながら、高音域に必要な息の量を掴むことが必要です。


③音程のコントロール

→音程は、声帯の伸縮のみによってコントロールするべきですが、口の形や息の量でコントロールしたくなりがちです。リップバブルでは、それらが一定になる為、声帯の伸縮に集中したトレーイングが出来ます。自分の音にしっかり耳を澄ましてトレーニングすることが必要です。

以上3つのことを意識しながら、ご自身のリップバブルを、もう一度見直してみてください。

これなら、どこかに外出しなくても出来ますね。


まだまだ、自粛中に出来る練習方法はたくさんあります。

また書きますね!この時期のピンチをチャンスに。

8回の閲覧
  • さえずり
  • YouTubeの
  • Instagram

© 2020  Litty